自動車は今が買い時?総額で考えよう

2019年(平成31年)10月1日から消費税が現行8%から10%に増税が予定されています。

 

そうなると、それまでに車を買い替えたほうがいいの?となります。

 

新車の普通車でしたら、200万や300万する大きな買い物ですので、
消費税が2%変わると支出も変わってきます。

 

少しでも安いうちに買いたい!というのが人間の心理です。

 

この時、ちょっと一息ついて考えていただきたいことがあります。
そもそも、購入しようとしている車が必要かどうかということです。

 

車にかかるお金は、

  • 購入時にかかるお金
  • 維持にかかるお金

と2種類あります。

 

たとえ、購入時に安く買えても、維持費が予想以上にかかってしまうと
支出がどんどん苦しくなってしまいます。

 

目先の安さだけに飛びついてしまい、実際にトータルで考えると一生でかかるお金は車の購入費より維持費が多い方がたくさんいらっしゃいます。

 

購入時の費用だけではなく、維持費にどのくらいお金がかかるのかもシミュレーションが必要です。

 

そして、
本当にその車が必要かどうか、代わりになるものはないのか、
なくなると本当に困るのか、数年後に延ばせないのか、
をぜひお考えていただきたいです。

 

自動車ローンで車を買うなら

 

自動車ローンを利用し車の購入を考えている場合に、販売店でローンを組む。確かに、購入手続きもローンの申し込みも同じ店舗でできるので便利です。

 

しかし、前述したように車にかかるお金はトータルで考えなければなりません。
重量税・車検の積み立て、毎月のガソリン・タイヤ交換・駐車場代など・・・

 

ローンを組むなら利息もかかります。
販売店でローンを組むよりも銀行で自動車ローンの商品を探した方が金利が安いところもありますので、検討してみましょう。

 

 

自動車保険・・・把握していますか?〜

 

車のにかかるお金は、さらにあります。自動車保険です。

 

自賠責は強制加入ですが、自賠責で賄えきれない部分は民間の保険で対応します。
車のディーラー営業からの保険の勧誘をされることもありますが、車を購入することに頭が一杯。保険とか難しいから、細かい字で書かれている約款なんて読みたくない。だから、何も考えず加入してしまう。

 

自動車保険に加入する前に、その仕組みをしっかりと理解しましょう。

 

 

自動車保険は大きく分けると3つの補償とその他のサービスに分けられます。

 

1、賠償保険
相手への補償で、対人賠償と対物賠償があります。

 

2、傷害保険
自分や同乗者がケガを負った場合の補償で、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、
無保険車傷害危険担保特約、自損事故傷害特約などがあります。

 

3、車両保険
自分の車両の補償です。
限定やエコノミーと言われる保険料が安く補償範囲の狭いものもあります。

 

4、その他のサービス
ロードサービスや弁護士費用特約など、各保険会社によって内容が違います。

 

現在ご加入の保険でどこが補償されて、どこが補償されないのか確認してみる。
自分達に必要な補償を書き出してみる。
確認し、書き出したものとを比べることで自分達にあった自動車保険を選べます。