株式投資やFXの損失をキャッシングで賄いたい

株で損失を出してしまったから、その穴埋めにキャッシングできるの?

 

株式投資やFXで資産運用をしていて、損失を出してしまった!FXでは、最低必要な証拠金額を下回っており、明日まで追加で証拠金入金しないと強制ロスカットされてしまう・・・。

 

そのため不足分をキャッシングで穴埋めしたい。
もちろん銀行や消費者金融で取り扱っているカードローンは、資金使途自由な商品ですので、もちろん損失補填が借入れ理由であっても利用することができます。

 

 

お金を借りて投資はリスクがある

 

自己資金ではなく、お金を借りて投資を行うことは、利益を出さなければならないことは勿論ですが、お金を返さなくてはならない、精神的負担がさらに増してしまうのです。

 

株式投資は、初心者が簡単に儲かるものではありません。ビギナーズラックでたまたま儲かることはありますが、継続して勝ち続けられるかとなると、それは難しいことです。

 

プロと素人の違いは何か?
それは以下の4つです。

  • 時間
  • 経験
  • 財産
  • 感情

プロのトレーダーは、分析に費やす時間があります。相場と向き合う時間も大いにあります。素人は、仕事をしているなどで1日中相場と向き合うことはできません。

 

経験は、当然差がでます。相場の動向を過去の経験から判断することができます。分析力も圧倒的に違います。専門知識のあるエコノミスト・アナリスト、専門的な分析力、専門ポートフォリオマネージャー、広範囲な研究部門を兼ね備えている、プロのトレーダーと素人の個人投資家の差は歴然です。

 

財産は、投資にかけることができる資金が豊富であればチャンスと捉えた時に購入単位を増やすことができます。また、思わぬ方向に相場が動いた場合も豊富な資金力を持っているので変動に耐えられ、精神的負担も楽です。

 

素人は感情に任せたトレードをしてしまいがちです。利益が出ているにも関わらず、もっと利益が出たところで決済したいからそのまま待っていたら相場が下がってしまった。あの時決済していれば、利益を確保できたのに・・・。また、含み損が出ているにも関わらず損切りしないで相場が好転するのを待っているが、さらに悪い方向に動いてしまう。感情に任せたままのトレードだとなかなか勝つことはできません。

 

素人の個人投資家が、借金して株式投資をすることは、さらに借金を重ねてしまう可能性も持ち合わせているのです。

 

 

株式投資専業のトレーダーは融資してもらえるの?

 

私が貸付業務をしていた時には、株の専業デイトレーダーとして生計を立てていますという方の申込みを受け付けたことはありません。でも、カードローンの増額案内で営業の電話を架けていた時に、増額の申込みをしてくれた方がいて、その方に今仕事変っていて、株の取引で生活をしていると言われたのです。

 

カードローンの審査基準では、株取引のみで生計を維持している、いくら利益を上げてますといっても専業トレーダーは無職扱いになります。

 

また、カードローンは失業中、無職の場合は融資をすることができません。無職と判明した時点で融資はストップするので、これまで何の問題なく利用できていたキャッシングカードは返済しかできないカードとなります。

 

今回は、株取引の利益のみで生活していますという事実を知ってしまったので、融資を止めざる得なかったのです。融資が止まりますと伝えたら、それは困りますと言われてしまいました。聞かなかったことにしてくださいと言われても、会話の内容は録音されていますので、キレられてしまいましたが、融資停止の処理をしたのです。私がその方に営業の電話をかけなければ、融資が止まることはなかったのですが、契約上住所や勤務先等に変更があった場合には速やかに変更事項を連絡しなければならないと書かれていますので、契約通りの対応でもあるのです。