借入金額が年収の三分の一を超えてしまったらどうなるのか?

総量規制では、借入金額が年収の3分の1以下に制限されています。
ここでの年収とは、所得金額のことであり税金を引かれる前の金額を意味します。手取り金額ではありません。

 

借入金額が年収の3分の1を超えたらどうなるのか?

 

年収の3分の1を超えてしまうことなんてあるのか?そもそも貸付審査の時に、年収の3分の1を超えないように信用情報を調べて融資をするわけですから、審査する側の人的ミスでも起きない限り年収の3分の1を超えて融資をすることはありません。

 

※ただし、住宅ローンや自動車ローン、ショッピングの割賦払い、規制における借入金額に含まれません。借り換え・おまとめローンは、顧客有利となる貸付のため年収の3分の1を超えて融資をしてもよいとされています。

 

転職して年収が下がったら・・・

 

カードローンの契約をしたときは、年収の3分の1以下の借入れであったとしても転職をして年収が下がってしまったら、年収の3分の1をオーバーしてしまうことが考えられます。

 

年収の3分の1を超えてしまったら、どうなるのか?

 

など不安がありますが、年収が下がったからといって、一括請求されるとか融資が止められるといったころがすぐに行われるわけではありません。

 

これまで通り、カードは使うことができ借り入れも可能です。
カードローンは、基本申告に基づいて審査が行われますので、正直な話転職したことを黙っていれば、融資が止められるということもないのです。これまで通り使うことができます。

 

しかし、カードローンの規約には変更事由があった場合すみやかに連絡しなければならないと記載されていますので、利用規約に従えば直ちに勤務先変更の連絡をしなければなりません。

 

結局は、収入が下がったことにより返済が困難になった方が、返済期日の猶予等でコールセンターに電話をしてくるのですが、そこで勤務先変更によって収入が下がった事情を話すことになります。

 

収入が下がったことにより、限度額も下がりますので融資がストップします。
返済に関しては、相談に応じてもらうことができます。

 

融資再開するには?

 

年収が下がったことにより、借入が3分の1を超えて限度額が下がり融資がストップしている。
また、融資を再開して欲しい場合ですが、

 

・年収が上がったら再度審査を申し込む。
・残高が年収の3分の1以下になるまで返済を続ける

 

といった方法があります。

 

年収が上がったからといって限度額もすぐに上げてもらえるわけではありません。属性など総合的に判断して限度額が決定されるので、審査結果次第では現状のままということもあります。

 

また、50万円の限度額で契約をしてもその限度額は今後ずっと同じではなく減額されてしまうこともあります。そのため、年収が下がって頃により限度額が30万円に引き下げられている、だが残高は50万円という残高が限度額を上回ることもあります。この場合は、返済をして50万円あった残高を30万円以下に減らしていければ、また借入れできることになります。