海外旅行、レート的にお得にする方法

皆さんは、年末年始どう過ごされますか?
実家に帰省する方、ご自宅でゆっくりと過ごす、行楽地へ出かける、海外旅行に行かれるなど計画があると思います。

 

例えば海外旅行の予定を立てたケースを考えてみると、
予算・時間計画を十分に立てて、いざ実行の時に・・・

 

1ドル=110円

 

計画を立てていた段階では、1ドル=105円だったのに「円安」になってしまい、
買い物の予算が減ってしまい、買いたい物に手が届かない。

 

一か所だけ観光を我慢しなければならない
予算をオーバーしてしまう。

 

例)1万米ドルの予算の場合
1ドル=110円 1,100,000円必要
1ドル=105円 1,050,000円必要

 

なんと、差額は、50,000円

 

為替の変動なんて、分からない仕方ないと終わりにしてしまえば
それまでですが・・・

 

旅行計画を立てるときに、外貨で使うお金を用意することで、
予算を確実に確保することも出来ます。

 

海外でおトクに使えるプリペイドカード

 

海外旅行に行かれる際は、現金とクレジットカードが必需品とされていますが、もう1枚持ってほしいのが海外プリペイドカードです。

 

海外で使えるプリペイドカードの中で、特におすすめなのがマネパカードです。

 

ネットで両替した外貨や日本円をチャージしておけば、
「MasterCard」のマークがあるお店でお食事やお買い物が可能です。

 

マネパカードは、あらかじめ両替レートが決められています。
そのため先々の為替の動きを気にする必要がないのです。

 

日本の銀行や両替店で外貨に両替をすると、
米ドルなら1ドルにつき3円程度、ユーロなら4円程度、英ポンドなら11円程度等両替にはかなり高い手数料等のコストがかかります。

 

 

1ドルが110円であるとします。

 

しかし、ある両替店のレートでは
1ドル113円になっています。

 

同じ日の同じ時刻なのに両替店ではレートが高くなっているのです。

 

この場合、
1万円札を1ドル=110円で両替すると約90ドル
両替所で1万円札を1ドル=113円で両替すると約88ドル にそれぞれ両替できます。

 

なぜ本来のレートよりも両替店や銀行で両替するとレートが高くなってしまうのか?
その理由は、手数料が上乗せされているからです。

 

手数料を取ることで銀行や両替店の収益となっているのです。

 

 

ところが、
マネパカードでショッピングすれば、
外貨両替と比べてなんと最大95%も手数料等のコストがおトクになります。

 

〇レートが良い時に外貨に両替
マネパカードは、一枚のカードに米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージすることができるとっても便利なカードです。レートが良いと思った時に円から外貨に両替をしておけば、いつでも両替した時のレートでご利用いただけます。

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
.

 

 

 

 

 

せっかく立てた計画をお金の不安・心配もなく、
より楽しい思い出にするには、管理も必要です。