引越しトラブルC断り連絡・不用品処分・荷造り・洗濯機や冷蔵庫

断りの連絡

 

お願いする引越し業者が決まったら他に見積もりをとった業者にはお断りの連絡を入れます。

 

当日2つの業者が来て困ったという事例もあるのです。断るのはマナーで義務です。それでキャンセル料を請求されることもあるので注意しましょう。

 

処分品

 

処分するものがある場合は早めに手配をします。基本的に引越し業者は処分品を運ぶことができません。エアコン、洗濯機などのリサイクル家電は小売店や販売業者にパソコンはメーカーに連絡します。その他の粗大ごみは、お住いの自治体に相談をします。

 

荷造り

 

家具や家電はともかくそれ以外の荷物は自分で梱包する方が多いかと思いますが、ダンボールは一般的に大・中・少の大きさがあります。本やCDなど重いものは小さいダンボールに入れます。重さで箱の底が抜けるなどの事故を防ぐことができます。また、重いと作業するのも大変になります。

 

大きいダンボールは衣類やバッグなどを入れます。衣類は詰め過ぎずふんわりと入れるのがシワを防ぐコツです。バッグは中に詰め物をして中に詰め込み過ぎないように買ったときについてきた袋に入れてシワやキズを防ぎます。

 

中ぐらいのダンボールはその他のもの、食器や小物、書類など小では入らない物などを入れます。割れ物はひとつずつペーパーでくるみ隙間は丸めた紙で埋めておきます。箱をゆすったときに中身が動かないのが詰めるコツです。音がするようだと割れる可能性がありますから、隙間を埋めるようにします。

 

紙ではなく、カーテンや布などを代わりに入れる方がいますが、布類は梱包材の代わりになりません。万が一破けたときは、破片が残ったり使えなくなったりしてしまいます。同様に布団袋にノートパソコンやガラスの扉などを入れる方がいますが、故障の原因や怪我の原因になりかねないので絶対にやめることです。

 

 

洗濯機や冷蔵庫も準備が必要です。

 

ドラム式洗濯機は専用のピンで固定しないと輸送中に中のドラムが回ってしまい故障する可能性があります。購入の際、取扱説明書に付属していますので用意をしておきます。引越し業者は専用ピンを用意することができないので、見つからない場合はメーカーに取り寄せる必要があります。

 

冷蔵庫は空にして電源を抜いておきます。特に冷凍庫は水が出ないか確認をしておきます。

 

 

 

これらの準備は梱包なども含めて引越し日の前日までに済ませます。

 

当日梱包が終わっていないと持って行かないという業者もあります。梱包を手伝ってくれる業者もありますが、破損の際などに業者の責任を問うことが難しくなります。

 

お金を払って梱包をお願いすることは、事前に見積もりの段階で依頼があればできますが、当日その場では難しいです。依頼者が梱包するという場合、当日まで梱包が済んでいるという前提で必要な人員を見積もりしています。

 

人の手配はすぐにできるというものではないので、お金があればできるというものではないのです。