引越しトラブルD引越し当日の注意点 破損・紛失

引越し当日は梱包が終わっていることが大切。

 

貴重品

 

現金や通帳、印鑑、銀行のカード、家の鍵など依頼者本人が自分で持っていけるものはバッグなどにまとめて自身で管理します。
貴重品に関する定めは、標準引越約款にもあり引越し当日に引越し業者からもお願いがあります。

 

最後まで使うもの

 

最後まで使用するもの、トイレットペーパーや掃除用具などは別に箱、専用のダンボールなどを用意しておきます。

 

最後まで使用するものは新居で最初に使用するものなので、新居に着いたら最初に受け取ると便利です。
出発前に引越し業者とよく打ち合わせをしておくとよいです。
箱の外側に「すぐ使うもの」などと書いておくと分かりやすいです。

 

タンスや冷蔵庫、洗濯機

 

冷蔵庫は中を空にして前日水抜きをします。最近は水抜きの必要はないとされてもいますが、中は必ず空にしておきます。
冷蔵庫の中身は変質したり水が出るなど他の荷物にも影響が出ることがありますので注意が必要です。

 

水のせいで冷蔵庫が壊れるということもあります。

 

洗濯機も水抜きのために前日は使わないほうがよいです。当日は排水ホースを抜いた際に水が出るので雑巾の用意もしておきます。また、ドラム式の洗濯機は事前にドラム固定用のピンを用意しておきます。製品によって違いがあるので引越し業者は用意することができません。

 

家具は、傷や破損がないか引越し業者と一緒に確認をします。
注意が必要なものは当日の作業員に一声かけておくのがよいです。

 

荷物を全て運び出しトラックに積み終わったら、家の中に積み残しがないか引越し業者と一緒に確認します。

 

 

新居に到着してから

 

新居に着いたら壁や床に傷がないか引越し業者とチェックすると良いです。

 

荷物を運び入れる部屋などを指示し、降ろし忘れた荷物がないかトラックの荷台をチェックします。荷台に資材のゴミなどが置いてある場合、荷物が紛れていることがあるので念のために引越し業者に確認してもらうとよいです。

 

 

引越し後

 

引越し後は早めに荷物を片づけます。
家電などは動作確認をします。食器や小物なども確認をします。
万が一破損がある場合は、すみやかに引越し業者に連絡をします。

 

入っていたダンボールに入れておくと、原因:落とした、ぶつけた、といったことが分かるのでダンボールのまま確認してもらうとよいです。

 

紛失も早めに連絡。
荷物の破損や紛失は、約款では3か月以内に連絡をしないと業者の責任はなくなります。季節品や荷物がたくさんあるため、3ヵ月の期限となっていますが、3ヵ月あると安心せずに早めに連絡をしましょう。

 

また、壁や床の傷も2週間を目途に早めに連絡します。早めに連絡をしないとどちらに責任があるのか証明が難しくなります。