引越しトラブルB引越しの見積もりと下見 トラブル防止のポイント

いくつかの業者に連絡して見積もりにきてもらいます。

 

見積もりは無料です。

 

お部屋の中だけでなく、物置の中や押し入れの中、天袋なども忘れずに見てもらいます。

 

以外に忘れがちなのが外回り
物干し竿や自転車もきちんと見積もりにいれてもらいます。特に自転車はトラックの中で場所を取りますから忘れずに見てもらいます。自転車は上にダンボールや他の荷物を積めないのでどうしても場所を取ってしまいます。当日積んでといわれても入らない場合があります。

 

また、高価な品物や大切な品物は見積もりの時に申し出ることです。高価な品物の中にはお引き受けできない品物もあるので、よく打ち合わせをすることが大切です。大事なことは見積書に記載してもらうようにしましょう。

 

 

下見とは

 

出発地と到着地の下見のことをいいます。
最近では、到着地で荷物が入らないというトラブルが増えています。最近の家具や家電は大型化していますが、住宅の廊下や階段は狭く作られていることが多いです。

 

新築住宅の場合、部屋の広さは十分でも廊下や階段、間口の狭さから当日荷物が入らないことがあるのです。窓から吊り上げることも検討しますが、人力で吊り上げるには人数が必要ですし機械で入れるには機械の手配が必要なので当日はなかなか間に合いません。

 

お預かりして後日窓から入れることもありますが、作業員料や機械の使用料、預かる場合は保管料が引っ越し費用と別にかかります。最悪処分せざるを得ないこともありますのでトラブルになりやすいのです。

 

こういったことにならないためにも大型の家具や家電がある場合は、廊下や入口の幅や寸法を事前に測り、引っ越し業者に相談しておくとよいです。特に曲がり角のある廊下などは家具が通るか心配です。心配であれば引越し業者に相談しておくとよいです。

 

  • 下見料がかかる場合があります

出発地では見積もりと兼ねて行うため無料の場合が多いです。到着地は交通費や人件費をかけて行うことになるので、実費を請求されることがあります。下見料がかかる場合は、引っ越し業者が事前に料金を示して了解を頂いてから請求することになりますから、下見が必要な場合はよく確認してから依頼をすることです。

 

 

安全な引越し業者を見つけるには

 

引越し業者を探すなら、誰もが安い業者を選びたいところです。しかし、料金があまりにも安い業者の中には、積み切りプランというものがあります。トラックの荷台に荷物を積めるだけ積み込むことができ料金が荷物量にかかわらず一定料金で安いプランです。ところが、荷物が全部積み切らずに積めなかった家具は別でまた運ばなければならず、余計に料金がかかってしまったというトラブルもあります。

 

安全な引越し業者を探すには、積み切りプランであれば、見積書にどの程度荷物が残るのか見積書にきちんと書いてもらうことです。見積書と約款を読んで分からないことがあれば担当者に聞いてください。分かりやすく説明してくれるところは社員教育がきちんとしてくれるところです。

 

自社のセールスポイントや値下げだけをしつこく言って、「今決めれば安くする」と即決を迫る業者はあまりレベルの高くない業者といえます。

 

トラブル防止のポイント

 

引越し業者は値段ではなく、きちんとした態度や分かりやすい説明をしてくれるところを選びます。

 

大型家具や大型家電がある場合は、廊下や入口の幅を測り業者に伝えておきましょう。

 

心配な場合は引越し業者に新居の下見を依頼しましょう。積み切り契約の時は見積書に何が残るのかを書いてもらいましょう。