冬タイヤ早めに交換した方がいい理由と費用は?タイヤの保管方法は?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

冬タイヤには早めに交換したほうがいいと、ニュース番組などでも10月くらいから言っているところもあります。

 

別に雪がまだ降っていないんだから今すぐに交換しなくてもと思ってしまいますが、それでも早めに交換を推奨しているのには理由があります。

 

冬タイヤ交換は早めが良い理由

 

・冬タイヤは気温の低い所でグリップの効果が発揮されます。夏タイヤのままだとゴムが硬くなり性能が発揮されないのです。雪が降っていなくても10月・11月の時期は夜や朝方だと7℃以下の気温の日もあります。

 

・早い時期にに冬タイヤに交換すると、タイヤが減るのが嫌、なんか勿体ないと考えている人も少なからずいますが、タイヤの寿命は5ミリもあります。1ヵ月で減るのはたかだか0.1ミリでそんなに減らないのです。0.1ミリしか減らないと考えると1ヵ月、2ヵ月待ってから交換してもあまり大差がないです。

 

・また、冬にスキーに行くから、峠越えをするから冬タイヤに交換するのは分かりますが、街中しか走らないのに別に交換しなくてもいいのでは?これもよくいわれます。地域によっては11月中旬以降雪が降らなくても街中で凍結する危険があるのです。関東だと初雪の日は12月以降になる年が多いのですが、初氷点下だと2019年11月2日のウェザーニュースの記事によれば栃木県の土呂部(-1.8 ℃)や奥日光(-0.4 ℃)、群馬県の田代(-0.3 ℃)など11月で初氷点下になるのです。

 

つまり雨が降ってその後氷点下になると路面が凍結してしまいます。だからこそ雪が降らなくても早めにタイヤ交換をしたほうが良いのです。

 

 

【PR】Yahoo!ショッピング 冬タイヤの商品一覧

 

タイヤ交換費用は?

 

タイヤ交換を行ってくれる業者は、ディーラー、カー用品店、タイヤ専門店、ガソリンスタンドなどで行っています。
費用は普通車で数万円かかります。

 

カーショップのホームページをみると、タイヤ1本1,000(+税)〜から行っているところもありますが、ただ、インチによって料金は変わってきます。タイヤのインチが大きくなるにつれ料金も上がってきます。これにタイヤの購入費用、バルブ交換、窒素ガス充填、廃タイヤ処理手数料がかかります。

 

安く済ませるのであれば、インターネットショッピングでタイヤを購入して持込みで取り付けてもらうことです。
ただ、取り付け作業を行ってくれる店舗によってはタイヤ持込不可としているところもあります。交換費用に関してはお店を訪れてスタッフに見積もりをお願いしますと伝えれば見積書を作成してもらうことができます。近くに複数店舗で見積もりして比較検討する方が良いでしょう。

 

 

 

タイヤの保管方法は?

 

タイヤの大敵は、水・紫外線・オゾン・油。
ひび割れの原因になります。

 

  • 保管していけない場所

 直射日光の当たる場所、雨の当たる場所、室外機のそば などです。
 室外機のそばは、オゾンがあるのでゴムが劣化してしまいます。

 

  • 保管する際は?

 ホイール装着のタイヤは、空気を抜いて平積みに。縦積みにしてしまうと1カ所に力がかかって変形することがあります。
 タイヤだけの保管は縦積みにして、下に何か敷く物を敷いて保管します。