引越しトラブルA見積り時に業者が勝手置いていったダンボールは受け取っていいの?

インターネットや電話だけの見積もりのデメリット

 

単身で荷物の少ない方であれば、インターネットや電話だけで大丈夫な場合もありますが、インターネットの見積もりはリスクもあるので注意が必要です。荷物の申告が間違っていた場合トラブルの原因になることがあります。ご自分の荷物を全部把握されていてダンボール箱がどのくらいなるかを分かる方は少ないのです。

 

インターネットの見積もりは家具や家電品だけでなくダンボールの数も自分で入力しなければなりません。その申告が少なかった場合、もう1台トラックが必要になって追加料金かかったり積み残されてしまう場合があります。自分で運べる量ならいいのですが、たくさん残ってしまうと困ってしまいます。
電話でもインターネットでも見積もりの依頼を受けたら業者は必ず見積書を発行しなければならないので、まずは見積書をよく確認することが大切です。

 

自分に申告した荷物に漏れはないか、条件などをよく確認します。

 

 

業者が勝手にダンボールを置いてった?そのまま受け取っていいのか?

 

業者によっては見積書を発行しなかったり、ダンボールと一緒に送ってくる業者があります。このような業者の場合、契約前に見積内容の確認ができませんから避けた方がよいです。

 

キャンセルをする場合、ダンボールを事前に受け取っていることでトラブルになるケースがあります。ダンボールはサービスで差し上げる業者も多いのですが、これは契約をしてくれているからサービスをしているわけです。そのためキャンセルの場合はお客様の負担で業者に返す必要があります。また買い取って欲しいといわれることもあります。

 

見積もりの際に「ダンボールを置いていく」「ダンボールを送る」という業者もありますが、タダでもらえるからと安易に考えずに依頼する業者をきちんと決めてから受け取りましょう。

 

見積もりを数社比べて、この業者と決めてからダンボールはもらうようにすることです。

 

積み残しや追加料金が発生するといったトラブルを防ぐためにも訪問見積もりをおすすめします。引越し業者が見て確認した見積もり書でであれば、万が一見積もりに間違いがあっても引越し業者が責任を持つことになります。また、訪問見積もりに伺った業者はより正確な見積書を発行できます。
見積書の記載内容は合っているか疑問にきちんと答えてくれるかもしっかりチェックしてください。

 

また、会社のパンフレットや見積書の裏などもよく見てください。引越しの約束事が書かれた約款が掲載されていることが多いです。約款は見積もりの時に必ず提示するものです。約款を読んで分からないことがあったらどんどん質問してください。引越し業者は必ず見積書を出し約款を提示することになっています。これに加えて、引越し安心マークを付けている優良事業者は重要な所を説明します。