全額を返済したい場合はどうすればいいのか?

毎月返済をしているけれど、一括返済をしたい場合にはどうすればいいのか?

 

一括完済の方法
店頭窓口、ATM、提携先ATM、銀行振り込みで完済をすることができます。

 

しかし、
ややこしいのがATMまたは提携先ATMで完済をする場合です。
ATMに表示される返済金額は、分割での請求金額です。

 

完済金額を確かめる方法は、
事前にコールセンターに問い合わせするか自分で計算をします。
ATMで分割での請求金額の内訳が表示されますので、利息の請求金額に現在の残高をプラスした金額が完済必要金額になります。提携ATMの場合は手数料がプラスされますので、それを目安に入金します。

 

完済金額は日によって変わります。利息は日割り計算ですので、コールセンターに問い合わせするときには、いつ完済予定なのか予定日を伝えることで正確な金額を教えてもらえます。

 

硬貨取り扱いしていないATMでの完済

 

一部のATMと提携先ATMでは紙幣のみの対応で硬貨を取り扱っていません。
硬貨を取り扱っていないということは、残高が1000円未満の端数はおつりがでないのです。

 

多く入金した金額(預り金)は、銀行振り込み、店頭窓口、次回ご利用時のお借入残高から相殺で返却してもらうことができます。

 

 

事前に完済をすることを伝えず、ATMで多く入金して完済した場合には翌日電話がかかってきます。
おつりの返却案内の件です。

 

別におつりなんて、また使うからいちいち電話なんて架けてこなくてもいいのに!と思うかもしれませんが、消費者金融は銀行と違ってお金を預かる行為ができないので完済をした翌営業日に返却できない硬貨分のおつりの返却の電話がかかってくるのです。

 

金融庁が立入に入ったときに、
おつりが発生しているのにまったく返却の案内をしていないことが発覚すると行政処分の対象となりうるからでもあります。