逮捕されたら返済途中の借金はどうなるの?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

もし借金返済中に逮捕されてしまったら、
残りの借金はどうなってしまうのか?

 

 

逮捕拘留中であると返済をしに行くことができません。

 

 

そうなると契約通り返済をすることができませんので、
支払い期日を過ぎ利息がどんどん積み重なり遅延損害金も発生することになります。

 

期限の利益を喪失するので一括請求されることにもなります。

 

 

身内が支払わなければならないの?

 

逮捕されてしまったら、身内である配偶者や親族が支払う必要があるのかとなると、契約しているのは本人ですから逮捕拘留されている契約者本人以外に支払い義務は発生しません。

 

連帯保証契約をしていない限り身内が支払う必要もないのです。

 

そのため金融業者からも家族に督促をすることはないです。

 

ただし、ご家族の方の意志で逮捕者の借金を肩代わりする場合は、返済を受け付けています。

 

 

ほとんどは泣き寝入り

 

消費者金融側が逮捕拘留されているのを知るのは、

 

・ご家族からの連絡
・警察からの捜査関係事項照会書

 

などで該当顧客が逮捕されている事実を知ります。

 

私が消費者金融に勤務していた頃は、
捜査関係事項照会書で逮捕されている事実を知ると、該当顧客の口座を逮捕口座に処理します。そうすると信用情報機関へも逮捕中である事実に情報更新されます。

 

警察からは、逮捕ということしか情報を教えてもらえず、どのくらいの期間服役するかなども知らされることもありません。すぐに出所するのであれば継続して返済してもらうことができるのですが、ほとんど回収不可能です。

 

さらに身内の方に返済義務はありませんので、
損金処理をして泣き寝入りするしかなかったのです。

 

 

ただ、消費者金融側が損金処理するかどうかは各社判断が異なりますので、服役期間中ずっと利息+延滞金が貯まり続け出所後に借金が社会復帰の足かせになるということもあります。そのため接見できるのであれば、ご家族や弁護士の方に借金のことを相談するのがいいかもしれません。