利息だけ払うのって本当に大丈夫なのか?

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

キャッシング・カードローンの返済は、内訳が元金と利息となっています。
これを支払い期日までに遅れずに入金しなければなりません。

 

 

でも請求金額が今月3万円だけれど、この金額を支払うのは厳しいからどうしよう・・・。
そういった時には、利息分だけ入金することもできます。

 

利息分だけでも入金すれば、支払い期日は次回日にジャンプしますので、本来の請求金額以下の入金であっても支払い遅れにならないのです。

 

 

 

利息のみ入金のメリット・デメリット

 

メリット

利息のみ入金する場合、支払い金額を安く抑えることができます。今月はちょっと他に出費が多くて、厳しいなという時には取り合えず利息分だけでも入れて置くことで、遅れ扱いにはなりません。

 

 

デメリット

 

利息分だけの入金は、結局元金が減りませんので支払い期間が長くなってしまうことになります。そうなると、トータルで支払う金額も多くなってしまうのです。

 

利息だけ入金は問題はないのか?

 

利息のみ入金も今月だけはちょっと厳しいからという理由で、1回くらいなら問題はないのですが、それが毎月毎月利息しか入金をしていないと、完済予定期間がずっと先になってしまい、何年も消費者金融と付き合っていくことになってしまいます。

 

支払いに遅れているわけではないので、信用情報がブラックになることはないのですが、限度額や金利を下げて欲しい要望に大してはマイナス査定となります。契約上、元金と利息を合わせた金額を入金頂くことになっていますので、毎回請求金額に満たない入金は返済能力がないと判定されるので、限度額増額などもってのほかなのです。

 

利息だけ入金してくれる客の方が消費者金融にとってはいいお客か?

 

毎月利息しか入金をしないが、支払い期日に遅れることはない、ただし残高は一向に減っていかない。こんな利用者でも毎回利息収入が消費者金融にとってはあるので、すぐに一括完済されてしまう利用者よりは、長く付き合ってくれるのである意味優良な顧客のように見えます。

 

たしかに上記のように考える消費者金融もあります。

 

ただし、このような考え方はすべての消費者金融に当てはまらないこともあります。銀行傘下の消費者金融ではなく、特に独立系の消費者金融は貸出するお金を集めるために銀行から資金調達を行います。その時の金利を調達金利といいます。この調達金利は、消費者金融の貸倒率や経営状態などによって変動します。

 

調達金利の影響によっては、貸出金を顧客からの回収で賄うということもあり、利息だけ入金したいというお客さんに対して、なるべく請求金額通り入金するようお願いしたこともあります。それでも難しい場合は、請求通りではなくていいので、元金も少し入れるよう説得したこともあります。